てんかん治療薬の1つ、ラミクタールについて

ラミクタールの成分はラモトリギンとなっていて、2008年に発売された新しい抗てんかん薬です。
海外では1990年から発売されていて、てんかん患者に使用されている中で気分安定剤としても効果があることが判明、それ以降は双極性障害の治療にも適応もが拡大されています。
日本国内では2008年にてんかん患者の併用療法として適応が認められるようになって2011年には双極性障害、2014年から2015年にかけてはてんかんの単独療法で使われるようになりました。

ラミクタールは気分安定薬としての作用機序ははっきりしていない部分も多いですが、それでも脳の活動を抑制する働きがあって中でも抗うつ効果が高く再発防止効果も認められています。
双極性障害のうつに効果が期待できる薬は非常に少ないので、その意味でも重宝されている薬です。

そんなラミクタールは多くのガイドラインでも第一選択肢にあげられている薬ですが、安全性も比較的高い特徴があります。
副作用も全体的に少なく多少の眠気やめまい・吐き気・頭痛などが現れることもありますが、いずれの症状も現れることは少ないです。
なので、妊娠している方でも服用ができる珍しい薬です。
他の抗てんかん薬や気分安定薬の場合には催奇形性が高い薬が多いですが、それらのものと比べるとリスクが少ないので妊婦さんでも安心して使えるとあって、妊娠中はラミクタールの単独治療を勧められることが多いです。
また、小さなお子さんでも服用することがあるものなので、服用方法も噛み砕いて服用したり水に溶かして服用することができ、その点でもとても使いやすい薬となっています。

ただし、ラミクタールは安全性が高いものとは言っても、用法用量を守らなければ重篤な副作用が生じることが稀にあります。
それを防ぐ為に増量はゆっくりとしたり、バルプロ酸ナトリウムと併用する際には量に注意すること、そして発熱や何らかの皮膚異常が現れた場合には使用を中止して医師に相談をするようにしてください。

ラミクタールの服用方法について

てんかん治療を目的にラミクタール(ラモトリギン)を使用する場合の服用方法は、副作用を出来るだけ抑えつつ高い効果を得るために、用量を必ず守るようにしましょう。
そして、ラミクタールは錠剤で一気に服用するのとは違い、用量と期間を少しずつあげながら服用することが前提です。

ラミクタールのみの薬で療法する場合、成人の場合では使用初日から2週間までは1日につき1錠を服用しますが、1錠は25mgの主成分の場合で考慮することです。
その後の2週間は2錠を服用し、5週目には4錠、6週目からは8錠が1日の服用用量の基本になります。
症状によって薬の量が増減しますが、増量の場合は必ず1週間あけて1日最大で4錠を守り、1日1~2回に分けて服用します。

パルプロ酸ナトリウムを併用した場合は、使用初日から2週間までは1錠が25mgを基準なら1日2錠です。
その後の2週間は4錠を2回に分けて服用していき、5週目からは1週間から2週間を目安に1日量で4錠(100mg)を少しずつ増やしていきます。
1日の服用は2回にわけ、8錠から16錠の服用と決められています。

このラミクタールは小児にも安全に使える薬ですが、必ず用量を守ることが必須です。
服用方法はラミクタールのみの場合、使用初日から2週間までは1日につき体重が1kgに対して薬が0.3mgを1回もしくは2回で服用し、その後の2週間は1日につき最大で0.6mgまでゆっくり増やしていきます。
5週目からは体重1kgで0.6mgずつ増やしていき、維持する用量は1日1~10mgを1~2回で服用します。
増量の際は必ず1週間以上の間隔をあけることが必須です。
成人や小児に使うラミクタールの1錠は成分が25mgの場合ということを忘れずに知っておくとともに、併用する他の薬剤がある場合は必ず医師との相談を受けてから使用することが大切です。