てんかん発作の症状を予防する方法とは?

てんかん発作の予防方法は、主に医師に指定された薬を容量用法を守り正しく服用する事や睡眠をきちんと取る事およびストレスをためこまない事の3点が中心となります。

てんかん発作は基本的に意識障害やけいれん発作の症状が出るため、それらの症状が出るのを防ぐ薬を医師に処方してもらい、薬局で購入して服用しますがこの時飲み忘れしない事と、指示された量を守るという事が大切です。
指示された量より多く服用しても効果に期待はできません。
きちんと容量を守ることがてんかん発作を防ぐ近道です。
この時水で薬を飲むのが一番効果があるとされており、お茶やジュースで飲むと効果が薄くなる危険があります。

てんかんの方は普通の人よりたくさんの睡眠を取る事も重要です。
理想としては1日8時間程度の睡眠が良いとされています。
これはてんかんの症状は脳に関する病気のため、睡眠を取る事によって脳が休まり少しでも発作を起こりにくくするため必要です。
夜勤をする場合でも昼間8時間程度の睡眠が取れるなら問題はありません。

ストレスを溜め込むのが危険なのは、イライラなどの感情は脳にも影響するため、てんかん発作を持っている場合は特に危険とされています。
仕事で多少のストレスはたまることはありますが、別の部分でストレスを発散する必要があります。
良い例としておいしい食事を食べる事や休日に遊びに行くことなどがあげられます。
ギャンブルについては、当たれば確かにストレス発散できますが、負けた時はさらにストレスがたまるためおすすめできません。

てんかんを持っている場合、自動車の運転が危険とされていることや、タクシーなどの特殊な免許の取得ができないのは、自動車の運転は知らず知らずのうちに過度なストレスが脳にかかるため、発作が起こる可能性が高くなることと、運転中に意識障害が起こったとき大惨事につながる危険があるためです。

てんかんの症状は人によって違いますが、概ね薬の服用と睡眠時間の確保およびストレスを溜め込まないようにすれば、ある程度の軽減は期待できます。

てんかん発作が発生しやすい状況はある?

てんかん発作については、自分にあった予防方法を実践する事が大切ですが、逆にてんかん発作が発生しやすい状況を理解する事も大切です。

パソコンやゲームのやりすぎは危険です。
これは長時間パソコンやゲームに集中すると、ゲームが終わったときの集中力が切れた瞬間に起こりやすくなるという説もあります。
パソコンやゲーム画面は光と色の刺激で、てんかん発作を誘発している部分が大きいです。

夜に携帯電話をいじっていると、光や色が脳に悪く睡眠の妨げになると言われており、この光や色が脳に悪いため、てんかん発作を誘発する状況を作っています。
ただし仕事上パソコンに接する機会もある場合は、長時間連続してしない事や、光と色の刺激を和らげることのできるサングラスなどを使用する事をおすすめします。

この他にアルコールも好ましくありませんが、これはてんかん発作をもっている方は基本的に薬を服用しているため、アルコールが体内に入ると薬の効果が減少するためと考えられます。
ただし少量の場合はリラックス効果も期待できます。

てんかん発作の症状は人によってさまざまで、患者によっては身体感覚症状や視覚症状や聴覚症状などの前兆が出る方もおられます。
前兆症状が出る方の場合、前兆症状が出たらすぐに今やっている事をやめて椅子に座ってじっとする事が大切です。

ゲームのほかにも、睡眠不足は大敵とされてんかん発作が発生しやすい状況の一つでもあります。
睡眠時間をきちんと取れる職場を選び、規則正しい生活を送ることが予防につながります。

てんかん発作を持っていると、毎日薬を飲まなければならない等、日常生活に若干の制限がかかってしまう部分もあります。
発作が起こっても基本的には死につながる病気でもないため、医師から自分の症状を詳しく聞いた上で、発生しやすい状況を理解すると相当程度の予防は可能です。